みかんずき・梅雨の日記(はてなブログゲーム出張所)

主にMinecraft Bedrock Edition(旧 Minecraft PoketEdition)についてが中心のゲームに関するブログ。(うごくメモ帳からは撤退)

ニンテンドーアカウントに関する注意事項について

【重要】
Nintendo Switch Onlineのサービス開始(プレ運用期間終了)に伴い2018年9月19日以降、Nintendo Switch 本体からユーザーに紐付けられたニンテンドーアカウントの連携が(本体を初期化する以外)解除できなくなります。念の為連携しているアカウントの確認をお願いします。
https://twitter.com/Nintendo/status/1040027578419924992

だそうなので注意しないと色々マズそうです…

雑ニュースブログ出張所2018-09-06【任天堂、2018年9月6日に発生した北海道の地震により情報提供番組配信を延期】

任天堂、2018年9月6日に発生した北海道の地震により情報提供番組配信を延期】
任天堂は2018年9月6日、日本時間2018年9月7日7時放送予定だった「Nintendo Direct 2018.9.7」の放送をしばらくの間延期することを発表した。北海道の方へ配慮した形となる。いつ放送されるのかは後日発表予定。
また、当放送は世界同時配信のため米国任天堂、欧州任天堂、英国任天堂の公式Twitterアカウントでも配信延期が発表された。各公式ツイート(日本、米国、欧州、英国)の反応を見ると、北海道の方への心配のメッセージなど温かいものの一方、なぜ中止するのか疑問視する意見もあった。

なぜ中止となったのか…電力が復旧しているわけではないので電気は貴重ですし、北海道の回線の問題が大きそうですね…
とりあえず延期となりましたが、放送を気長に待ちたいと思います。

ブログ名変更

約一年間更新が無かった当ブログですが、この度、ブログ名を変更いたしました。このブログの方針としてはゲームが中心です。その他の事柄は
メインブログ
atushi0820.hatenablog.com
で取り上げております。短いですがこれで終わりです。
ついでに両ブログのアイキャッチ画像を変更しました。

Minecraft ベータテスト始まる

mikanzukituyu.hatenablog.jp
Minecraftベータテストが始まりました。ここで言うMinecraftは「Minecraft Pocket Edition」「Minecraft Windows 10 Edition and Minecraft Windows 10 Edition with Oculus Rift」、「Minecraft Gear VR Edition」とMinecraft Console Editionの「Xbox one」と「Nintendo Switch」の6種(Riftを含む)のバージョンを統合した新たな分類である。ゲームエンジンのbedrock Engineを使用することからMinecraftbedrockとも呼ばれる。(Education Editionは恐らくbedrockの仲間だと見られ、TV Editionは不明)
そういえば…PS4の姿がないのはSONYが難色を示した為、この取り組みに参加しないでしまったのであるが…プレイヤーからするとあぁ…となってしまうが。

今回のベータテストは大型アップデートだけありバグも多数見られベータテストがもっとずれると見られていただけに日本時間2017年8月1日に開始したのは驚きを持って受け入れられた。なお、このベータテストに参加できるのはAndroidの他に新たにWindows 10EditionのプレイヤーとXbox oneのプレイヤーが参加権を得たのである。(Xbox oneはBuild1の時点では参加できていないが)

Minecraft~Bedrock Engine~

Minecraft Pocke Edition ver.1.1では仕様が変わってBlock Launcher(※1)などが変化するかもしれない」
そんな会話があるコミュニティで行われていた。その変化の要因はサーバーインベントリになったからだと考えた者が居たがそれは違かったと判明したのはE3(※2)のMicrosoftの発表であった…
こんにちはこんばんは。今回はBedrock Engineのことです。
前文の実話のことですが…よく思えば下のツイートのように1.1の時点でBedrock Engineになったというのはわかりますし、

確かにBedrock Engineと書かれている

UKのゲームニュースメディアがこの計画(統合アップデートv.1.2)を4/10の時点で報道してますし、完全にE3が焼き直しであったことは確定でしょう。

Minecraft Enters New Era With 'Bedrock' Engine and Curated Content Store | Kotaku UK

さてそんな新ゲームエンジンBedrock Engineですが日本語にすると岩盤エンジンというMinecraftの世界の1番底のブロックの名を冠する(※3)というぐらいなのでかなりの本気度ですね。
1.0以前は基本的にC言語(※4)で動かしていたMinecraft Pocket Editionですが、Microsoftの計画により1.1以降はゲームエンジンを持つゲームになり、更にMinecraftとして統合となると考えると…何とも言えない虚無感がやってきそうです。この決定が難破するのか成功するのかはわからないですけど。
f:id:atushi0820:20170628165302j:plain
f:id:atushi0820:20170628165317j:plain

  1. ※1 Block Launcher→非公式ツールランチャーアプリ。MODの導入に使われているアプリ。
  2. ※2 E3→Electronic Entertainment Expoエレクトロニック エンターテイメント エキスポの略。ゲームの見本会で各社大量のニュースを放出して沸かせる一大イベント。今年2017年からは一般入場が可能となった。
  3. ※3 岩盤→ワールドの底付近に生成されるブロックでクリエイティブ以外では掘れない。爆破も無理。
  4. ※4 C言語プログラミング言語。PocketEditionではC++を使用していた。

Minecraftの話

どうもこんばんは。秋なのか夏なのかよく分からなくなってますが私は元気ですかね…。という事で今回はMinecraftの話を…

Minecraft Java Edition(MinecraftJE。本家PC版。死語感凄い…)ver.製品版1.11での追加要素に「Observer」というアイテムが追加されるのですが、これはPocket Editionに先行導入されたものだったのです。まあ、このブロックだけではなく、「花崗岩安山岩、閃緑岩」の導入、ネザークオーツ(旧称:Quartz)の導入やビートルートの導入などPEに導入されてJEに導入されるといういわゆる「PEの試験場化」が起きていて、PEユーザーからはやや不評ですが最近のMinecraftというのを考える上で試験場が何処かに必要なのかなと思うところはあるのですがね…

あるサーバーサービスの事から見たEULAの話

2016年5月2日にInfoLensという会社がMicrafanというMinecraft Pocket Edition等(Minecraft Pocket Edition,Windows 10 EditionとWindows 10 Editionのこと。以下Minecraft Pocket Editionと表記)向けサーバーサービスを提供し始めたのだがあるユーザーが「Minecraft EULA」に違反しているのではないか?と投稿し少しサービスに関して疑問が生じたので少しまとめてみる事にしました…(理由がどこかアレなのはいつもの事。)

そもそも「EULA」って?

日本ではソフトウェア利用許諾契約と呼ばれてたり単に英語名のEnd-User license agreementsを直訳したエンドユーザーライセンス条項と呼ばれてたりするもの。いわゆる契約書である。

今回の記事の争点

今回の記事の争点として

  1. そもそもMinecraft Pocket EditionにEULAが適用されるのか?
  2. サーバーサービスにEULAが適用されるのか?
  3. EULA違反かどうか?

の3点です。

そもそもPocket EditionにEULAが適用されるか?

Pocket EditionにはEULAの承認画面が存在しない為EULAは無効であると見ることも出来るし、「いや、mojangからアップデートデータが提供されているからEULAは有効」と見ることも出来る…うーむ分からない。
(未解決)

サーバーサービスにEULAが適用されるか?

恐らく適用されるのだろうと思われる

EULA違反は?

どうもいろいろ調べていくうちに、このサービスのクラウドファンディングが見つかったので(マインクラフトがスマホでも日本中のみんなと対戦できる!PEサーバープロジェクト! | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ))そのページを見てみると大丈夫と記載されている事やEULA等の諸規約を参照したところ例外規定に記載されている為違反はないものと思われる。
と思いきや、クラウドファンディング出資者に有利となっている点等を考慮すると若干アウトである可能性が高いです。

結論

ただのサーバーサービスでした…がアウトの可能性が高いです。クラウドファンディングという方法が果たして良かったのかは気になるところです…まあいつか結論を出すかもしれないです。あと、お問い合わせ先がきちんとお問い合わせ出来るようにして下さい…(見ていたら)

感想

まさかクラウドファンディングがあったとは思わなかったし、ナポアンさん(http://painapoandy2.blog.jp/ )が絡んでいるとも思いませんでした…