みかんずき・梅雨の日記(ゲーム中心)

主にMinecraft PoketEditionについてが中心。ゲームについての事が多めです。(うごくメモ帳からは撤退)

あるサーバーサービスの事から見たEULAの話

2016年5月2日にInfoLensという会社がMicrafanというMinecraft Pocket Edition等(Minecraft Pocket Edition,Windows 10 EditionとWindows 10 Editionのこと。以下Minecraft Pocket Editionと表記)向けサーバーサービスを提供し始めたのだがあるユーザーが「Minecraft EULA」に違反しているのではないか?と投稿し少しサービスに関して疑問が生じたので少しまとめてみる事にしました…(理由がどこかアレなのはいつもの事。)

そもそも「EULA」って?

日本ではソフトウェア利用許諾契約と呼ばれてたり単に英語名のEnd-User license agreementsを直訳したエンドユーザーライセンス条項と呼ばれてたりするもの。いわゆる契約書である。

今回の記事の争点

今回の記事の争点として

  1. そもそもMinecraft Pocket EditionにEULAが適用されるのか?
  2. サーバーサービスにEULAが適用されるのか?
  3. EULA違反かどうか?

の3点です。

そもそもPocket EditionにEULAが適用されるか?

Pocket EditionにはEULAの承認画面が存在しない為EULAは無効であると見ることも出来るし、「いや、mojangからアップデートデータが提供されているからEULAは有効」と見ることも出来る…うーむ分からない。
(未解決)

サーバーサービスにEULAが適用されるか?

恐らく適用されるのだろうと思われる

EULA違反は?

どうもいろいろ調べていくうちに、このサービスのクラウドファンディングが見つかったので(マインクラフトがスマホでも日本中のみんなと対戦できる!PEサーバープロジェクト! | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ))そのページを見てみると大丈夫と記載されている事やEULA等の諸規約を参照したところ例外規定に記載されている為違反はないものと思われる。
と思いきや、クラウドファンディング出資者に有利となっている点等を考慮すると若干アウトである可能性が高いです。

結論

ただのサーバーサービスでした…がアウトの可能性が高いです。クラウドファンディングという方法が果たして良かったのかは気になるところです…まあいつか結論を出すかもしれないです。あと、お問い合わせ先がきちんとお問い合わせ出来るようにして下さい…(見ていたら)

感想

まさかクラウドファンディングがあったとは思わなかったし、ナポアンさん(http://painapoandy2.blog.jp/ )が絡んでいるとも思いませんでした…